デリケートゾーンのにおいが気になったら!原因から対策まで

デリケートゾーンの臭いが気になり、「もしかして病気?」「原因は?」「対策はあるの?」と色々お調べではないですか?

ここではデリケートゾーンの原因から対策まで『におい』が気になった際に知っておいたほうがよい知識を具体的にお伝えします。

また、デリケートゾーンのトラブルで関心が高いとされる、デリケートゾーンのムレ・かゆみ・デリケートゾーンのニキビ、そしてデリケートゾーンの黒ずみなど、お役に立つ情報を記載しています。

気になる情報がありましたら是非参考にしてくださいね。

 

 

 

デリケートゾーン LABO 目次 ↓↓

当サイトのコンテンツ

 

 

デリケートゾーンのにおいについて・・・

 

デリケートゾーンのにおいの種類

  • 酸っぱい臭い

    一番多いものです。汗と膣分泌物が混じると独特な酸っぱい臭いになると言えます。

    脱いだ下着が「ツンと酸っぱい臭いがする」という経験がありませんか。

 

  • チーズの臭い

    酸っぱいと共に多くあるのがチーズくさい臭いです。粉チーズの容器の中の臭いを嗅いだ時に似ています。

    生臭い 生理の時のニオイとして女性がよく使っている表現です。

    「酸えたような臭い」、「生魚のような臭い」と言ったらわかりやすいかもしれません。

 

  • おりもの臭い

    生理周期にあたる臭いです。 普段無臭の女性でも、場合によって臭いがほとんどなかったり、きつい臭いになったりします。

    なお、おりものはトイレで用足し中に膣からツーと流れ出てしまう可能性も大きいですから個室のトイレに入っている時、直前の人のツンと息がつまる臭いと言ったらわかりやすいでしょうか。

 

  • スソワキガのにおい

    ワキガとよく似た臭いが股間あたりでにおう感じです。

    主な原因として、アポクリン汗腺から出る汗がバクテリアに分解されて発する独特なニオイです。

 

  • 恥垢(ちこう)の臭い

    性器が不衛生になっていると、大陰唇と小陰唇の間の窪み部分や陰核包皮の間に恥垢と呼ばれる白ないしは黄色く見えるカスが付きます。

    恥垢のニオイはスソワキガのニオイと並んで極めてきついニオイで悪臭ともいえるすごい嫌なニオイです。

 

デリケートゾーンのにおいの原因

原因は「生理的」「病的」 の2種類があります。

 

生理的要因:『恥垢(ちこう)』

デリケートゾーンのにおいの原因の1つには、ストレスや妊娠前と後、加齢、体質に起因するものなど色々あります。

そして今、最も多いデリケートゾーンのにおいの原因は恥垢がほとんどではないでしょうか。

恥垢とはデリケートゾーンに溜まっている垢(あか)のことです。

デリケートゾーンは、トイレットペーパーや生理中のナプキン、タンポン等がこびりついて汚れやすいといえます。

においの特徴として「チーズのような臭い」と例えられることがあり、放置しておくと皮膚トラブルを生じさせます。

しかも、大陰唇にはアポクリン腺という汗腺も多く点在しているため、わきと同じく放置しておくと臭いが強くなってきます。

恥垢がたまりやすい場所は、「大陰唇と陰唇の間」「小陰唇のヒダ部分」「クリトリスと皮の間」です。

なので、少し臭いが気になりだしたら、この3か所を一番に清潔にすることことからはじめてくださいね。

(洗い方などに関しては詳しく後述します)

 

生理的要因:『体調不良』

疲労やストレスを溜めている時は、ホルモンバランスを崩して普段ならドロッとしている頸管粘液(しきゅうけいかんねんえき)が水っぽく変化して、おりものの量も増加します。

おりものの量が多くなることで、においがきつくなることもあります。

 

病的要因:『傷や雑菌』

彼とのエッチの際、膣に爪傷が付いてしまうなど、頑張りすぎて膣に傷がついてしまったとき、雑菌等でおりものの量が増すことで臭いがキツクなるケースがあります。

 

病的要因:『性病』

いつもより臭いが格段にひどい、変色などの異変を感じたら性病などの感染かも知れません。

最近「思い返せば、一夜限りの関わりをもった…」など思い当たる節があるようでしたら早い内に医療機関に行って検査を受けてください。

(対策・ケアは?と考える前に医療機関でのアドバイスが先決です。)

 

病的要因:『スソワキガ』

脇にワキガがある様に、陰部には「スソワキガ」と言われるワキガが存在します。

ワキガの原因は、アポクリン腺といった汗腺。これが陰部にも在り、そこで菌が繁殖すると刺激的なにおいを発するようになります。

ただ、日常はスソワキガ特有のにおいを発しないときも見られますが、エッチの際のテンションで臭いが出やすいケースも多いようです。

 

スソワキガについて

においの原因で生理的に最も多い恥垢の次に最近多いのが、病的要因の『スソワキガ』だと言われています。

なので、ここではもう少し具体的に解説しておきます。

 

「すそわきが」とは

わきに悪臭を放つ「ワキガ」と一緒で『腋臭症』のひとつです。

生殖器や乳輪、おへそ周りから匂う「ワキガ臭」の総称を「下(スソ)のワキガ」=「スソワキガ」として言われています。

スソワキガは、ワキガの原因と同じくアポクリン汗腺から出る分泌物によるものなので、スソワキガはワキガ並みの悪臭がします。

(人によっては好むニオイでもあるようです。)

しかし腋部分とは異なり、スソワキガは分泌物やオリモノが多い性器周辺から発せられるので、ワキガよりもスソワキガの臭いは強くなるケースがあります。

スソワキガは、体温の上昇やホルモンバランスが変わる生理前、食事、体調の変化等に伴い、臭いの強弱が変わってくることがあります。

特に性交渉後は興奮状態によって、スソワキガの要因となっているアポクリン汗腺の働きが活性化され、同時に生殖器から分泌物が多く生じている事によりスソワキガの匂いが一段ときつくなります。

ただ、デリケートな所から出る「嫌なにおい」がどれもこれもスソワキガではないです。

体調の変化やホルモンバランスの乱れからおこる、一時的な臭いのケースもあるので、まず自分がスソワキガであるのかどうかを知ることが大切です。

 

『すそわきが』かどうか知るために!

『すそわきがかどうか?』が容易に判定できるセルフチェックシートをご案内します。

「すそわきが」も「わきが」も要因となるのは同じアポクリン腺なので、わきがであれば「すそわきが」である可能性も高くなります。

また、「すそわきが」や「わきが」でもアポクリン腺の活動が盛んでないと臭気がしないこともあります。

陰部からの臭いも、それが絶対に「すそわきが」とは限ったことではなく、おりものが臭っていて全く別の性感染症や疾患である場合もあります。

なので、チェックシートをやってみてチェックした項目がないのに陰部が臭うときには、婦人科等で適切に検診を受けることをオススメします。

 

すそわきが7つのセルフチェックシート
  1. 黄色い汗じみが下着に付く
  2. パートナーや家族に陰部が臭うと言われたことがある
  3. おりものの臭いが酸っぱい匂いとは違う
  4. 耳垢が湿っている
  5. 両親がわきがである
  6. 陰部の毛が濃い
  7. 乳首から臭いがある

 

いかがですか?

 

上記の項目で1つでもチェックがあった場合は軽度から重度の「すそワキガ」の可能性は高いです。

もし、すべて当てはまるようなら医療機関でなるべく早く医師に相談したほうがいいかもしれません。

また、軽度から中度程度のニオイでしたら、次で紹介する対策が効果的です。

 

*『デリケートゾーンパーフェクトケア』のポイント:洗った直後にしっかりケアする

deodorant

きちんと洗い終わったら、タオルでしっかり水分をふき取ります。

そして、すぐにケアするのですが、ここで使っておきたいアイテムとしてデオドラント製品・制汗剤をオススメします。

こちらも石鹸・ソープ同様に様々なタイプのものがあるのであなたに合ったものを選ぶと良いです。

もし、あなたが「すそわきが」なら殺菌作用のあるものもありますし、デリケートゾーンに特化したものなら必ず「においを抑える」成分も配合されています。

 

デオドラント制汗剤の正しい使い方

風呂上がりや外出先など、デオドラント製品を使う際には次の方法で正しく使用してください。

 

1:まずは塗布するところをきれいにする(お風呂上がりの場合はそのまま)

外出先の場合、ウエットティッシュなどで清潔にします。

 

2:VIOの部分にデオドラント製品塗る

*ニオイの元は陰部の毛があるところから発生しますのでそこを中心に塗ります。

以上の2ステップになります。

 

 

『デリケートゾーンパーフェクトケア』ポイント3:気になったときにデオドラント製品を塗る

最近のものはデザインもおしゃれなものが多いので、カバンの中などに携帯しておくと「いざ」という時にもお役に立つかと思います。

 

即効性をもとめるならデオドラント製品!

デオドラント製品は常日頃から使っても効果がありますが、特にデートの時やイベント・パーティーなどのニオイが不安なところでも効果を発揮します。

なので『素早く対策したい』ならデオドラント製品がおすすめです。

 

デリケートゾーンの匂いを取るには?

では、どんなデオドラントがいいのか?ポイントは次の5点です。

1:においの元を除菌するということが実証されたもの

2:制汗効果も望めるもの

3:携帯できるもの(デザイン等はオシャレな方がいいw)

4:クリーム形状で伸ばせるもの

5:価格が適正なもの(経験上、安いのはダメ。かと言って高いのは継続するのが厳しい)

 

次は実際に使ってみて「デリケートゾーンに効き目があると実感した」デオドラント製品です。

すべてお子様でも使用できるほど、肌に優しく、制汗力も優れています。

なので、あなたの「ニオイ対策」のお役にたてれば幸いです。

 

★ デリケートゾーンに『すごく効く!』と人気のデオドラント制汗剤

 

クリアネオ(cleaneo)

 

おもな特徴
  • W有効成分(厚生労働大臣承認)・・・菌の増殖を抑える成分、汗を抑える・整える
  • パッチテスト済み・・・金属アレルギー、アルコールアレルギー、敏感肌、乾燥肌
  • 無添加・無香料・・・・安心・安全を保証
  • 永久保証制度・・・使用何日後でも可能!

 

【クリアネオ最新の定期便お得情報!】

*クリアネオは2017年1月17日より回数制限制度を撤廃!

つまり、『定期便1回目から解約が可能』になります。

なので、定期価格でお得に購入し、一回目で効果を実感できない場合は解約できます。

 

クリアネオの総合評価

30点満点;「29点」

殺菌力 ★★★★★
制汗力 ★★★★☆
香り(無香料度) ★★★★★
デザイン(携帯可) ★★★★★
保湿度 ★★★★★
赤ちゃんもOK ★★★★★

 

「購入者の口コミは?」

30歳・女性:主人との営みも・・・
ずっと前からデリケートゾーンのにおいで悩んでおり、手術にはすごく抵抗があり、多くのデオドラント商品を始めていた時この商品に出会いました。嬉しくて最近旦那さんとの回数も増え、ついに子供ができました。

 

24歳・女性:自信が出てきました!
デリケートゾーンのニオイでずっと悩んでいました。ニオイが気になり、好きな人ができたとしても告白する度胸がありませんでした。クリアネオを半信半疑で利用しみる事にしました。使ったあと、いつものニオイがほとんどしない事に気付き、自分に自信をつけることが出来ました。ホントにビックリです。

 

23歳・女性:下着の黄ばみがなくなって本当に良かったです。
クリアネオを使ってからは、 下着などの黄ばみがなくなってほんとうにうれしいです。 白系の洋服などが着ずらかったんですが今は大丈夫です!(^^)!

 

↓↓今すぐ『デリケートゾーンのにおい』を解消する!↓↓

button-002

 

 

『クリアネオの体験レポートをまとめました!』

実際にクリアネオも購入して試してみました。

「レポート内容」

  • クリアネオの正しい使用方法とは?
  • クリアネオの効果を100%発揮する3つの行動って?
  • 塗ってからつぎに『におい』が発生するまでの時間は?
  • 制汗効果はどれくらいある?

上記のことを具体的に解説していますので、こちらも参考にしてくださいね。

 

こちらをタップ➡≪クリアネオの体験レビュー記事≫

 

 

 

そもそもデオドラントって?
デオドラントは体臭や汗の臭いを防いだり、無くしたりする薬剤。日本定番品分類では制汗剤と共にデオドラント用品に分類される。

概要は体臭、または腋臭といった嫌な臭いを防止するために、多くは風呂上りや外出前など体が清潔な状態の時に皮膚に塗る。

体臭は汗に入る皮脂が酸化し、そこにバクテリアが繁殖するために起こることにより、殺菌剤を配合して有効成分とし、また分泌した汗を吸収し皮膚を清爽に保つ乾燥剤や、物理的に汗の分泌を抑制する塩化アルミニウムが含まれることがある。

用途、部位などにより、スプレー、ミスト、液、固形(糊)、ゲル、シート(成分を不織布や紙などに染み込ませたもの)、粉末など、多種多様な形式で提供される。出典:goo Wikipedia (ウィキペディア)

 

男性陣に聞いた!女の子のデリケートゾーンのニオイを意識したことは?

デリケートゾーンのニオイ、本音を言えば、気になっている女の人はかなりいるはず。コンディションやタイミングで、ニオイが強い日もあるでしょう……。でも、それを男性から指摘されたら、ほんの少しどころかかなり心が折れそう!男の人はどれだけデリケートゾーンのニオイを感じ取っているのでしょうか?

 

Q.女性のデリケートゾーンのニオイを気にしたことがありますか?

ある……19.0%

ない……81.0%

 

実に2割近い男性のみなさんが「気になったことがある」と回答。では、そのときの詳しいエピソードを聞いてみることにします。

 

・「ちょっとくさかった」(24歳/商社・卸/営業職)

・「ちょっとニオイがきついなあと感じたことはあります」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

ややニオイを気にしている……という所でしょうか。生理中やコンディション不調のときは、気にかけて注意したいところですね。

 

近づくことで意識が変わってくるみたいです・・・・

・「膝枕してると凄く臭うときもあって女の人は意識をしたほうが良い」(30歳/食品・飲料/技術職)

このことは仕方のない事だと思うが、やっぱり、距離が近ければ近いほどニオイに気が付きやすくなりますのではないですか・・・。

 

2人にとって大切な時間「エッチの際には・・?」

・「エッチの時に気になる」(36歳/通信/技術職)

・「エッチした際に臭います」(31歳/機械・精密機器/技術職)

エッチのときは女性も特に気をつけているでしょうが、男性としては気づいてしまう人もいるそうです。 デリケートゾーンのニオイは、かなり個人差が見られるようです。

まれに、ニオイのせいで自分に自信をもてない……なんて女性もいますが、デリケートゾーン専用のアイテムも多くあるので、気になる女性は試してみるのもひとつの選択肢かもしれませんよ。

 

デリケートゾーンの黒ずみケアについて

誤解されると困る!女性が実践する 「デリケートゾーンの黒ずみ対策4選」

デリケートゾーンの悩みは、女性間でもどうしても話せない大きな問題の一つですよね。特に、「黒ずみ」に対しては悩んでいる女の人が多そう。という訳でここでは、「デリケートゾーンの黒ずみのケアポイント」について情報を提供します。

まずはアンケート情報から。

 

Q.あなたは、デリケートゾーンの黒ずみが心配になりますか?

心配……40.9%

意識することがない……59.1%

 

今回の調査では、デリケートゾーンの黒ずみが気になる女性は、大体4割という結果でした。

露出の少ない部分なので気にかける人はあまりいないかと思いきや、案外多いかも!?ではどんな方法でケアしているのか?

 

「デリケートゾーン専門の石けんを使用!」

・「もし水着を着た際に見えたら嫌ですから。また、脱毛サロンで黒くなっていると効き目が薄れると聞いたから。デリケートゾーンを専門とした黒ずみ改善せっけんを使っている。心持ち色素が薄れている気がする」(22歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「どれ位が黒ずみなのかといった認識も難しい。それ専用のせっけんでたまにキレイにします」(26歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

デリケートゾーンの黒ずみ対策で多く見られるのが、黒ずみ対策用の石けんやクリーム。黒ずみがどれくらい無くなるかは人によって「気持ち程度」という評価もありましたが、ちょっと良さそうなグッズだと思います。気になる方はトライしてみては?

 

「下着選びやはき方にこだわっている!」

・「ビキニになるときやエッチのときに心配だから。ハードな下着を履かない、寝る際は下着を履かないなど」(27歳/機械・精密機器/技術職)

デリケートゾーンの黒ずみは、下着等のコスレによって起こる色素沈着が原因な傾向にもあるもの。従って締め付けすぎない下着・肌への刺激の少ない下着選びが大切なのだとか。また就寝するときは下着をはかない仕方もいいそうです。

 

「オイルやクリームでケアしている!」

・「ボディオイルなんかで毎日ケアしてる」(30歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「色素沈着している。クリームを利用している」(33歳/生命保険・損保/秘書・アシスタント職)

また黒ずみ対策法としてオイルやクリームでケアしている女の人もいました。ただしデリケートゾーンは「デリケート」といった名がつくだけあり、肌がセンシティブな部分。できるならスキンケア用品は、デリケートゾーン専用のものを選ぶようにしましょう。

 

「日々キレイにしている!」

・「気になるので、常にお風呂で適度に洗ってきれいにしておくように意識している」(31歳/生保・損保/事務系スペシャリスト)

・「汚れが溜まるとニキビが発生するから」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

デリケートゾーンはむれやすく、細菌・雑菌が繁殖しがちなところ。またむれた肌はデリケートなため、下着による擦れ・刺激を受け易くなります。デリケートゾーン専用石けんで汚れを落としニキビ予防をしつつ、通気性のいい下着で黒ずみ防いでいきたいですね。

見えないところなので気にしていない女性が多いかと思いきや、意外と意識する人が多いデリケートゾーンの黒ずみ。万が一気になってきたら、前述のような方法を一度トライしてみてはいかが?

 

男子に聞いた!彼女のデリケートゾーンの黒ずみって、気になるの?

・「どんだけ男遊びやってきたのかと深読みする」(34歳/機械・精密機器/営業職)

・「なんか危ないような気もするから」(23歳/通信/技術職)

・「行為をする気が萎んでしまう」(33歳/機械・精密機器/技術職)

締めつけの強力な下着や洗浄パワーの強いボディソープといった刺激が原因で色素沈着をもたらすことはあります。しかしよく言う「エッチの回数」が黒ずみの原因となることは数少ないです。勘違いのないようにお願いしたい所です。

 

つづいて、「気にすることがない」と答えた男性の意見は?

「気にならない」・気にかけても仕方ない

・「黒ずみはしようがない」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

・「それで当たりまえであると考えているから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「それぞれで差もあると思うし、あまり干渉しない」(36歳/情報・IT/技術職)

・「色素の色ですから仕方ないことだから」(30歳/自動車関連/技術職)

「気にならない」という人の大部分は、とにかく気にしても仕方ない!といった声のようです。ほかには「そんなにじっと見つめていない」という意見も。

 

「気にならない」・ほかに大切なことがある?

「大事なのは色ではないはずです」25歳/機械・精密機器/技術職)

・「黒ずみ度合いでそれぞれの人格は決められないから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

そういえば、黒ずみがエッチの質やふたりの関係を決めるということはありませんよね。やはり気にしても仕方ないのかも知れません。

 

どうでしたか?気にしない男性の方が多いとはいえ、自らが気になる……という女性の皆様もいるはずです。専用のケア用品なんかもあるので、即効性はないこともありますが、ゆっくりじっくり、黒ずみを作らないケアを身に付けて行くといいと言えそうですね。

 

見た目も美しく!デリケートゾーンの黒ずみを改善するには?

デリケートゾーンに関係するトラブルは、なかなか人に相談できないものですが、現に悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。その中でも多いお悩みが、デリケートゾーンの黒ずみになります。

人とは比較しづらい所ですし、自分の黒ずみを見ると、イヤな気がしてしまいますよね。 元々は、デリケートゾーンはお肌が薄くてトラブルを生じやすいため、色素沈着になりやすい部位なんです。人種や肌質によって黒ずみやすい方もいると考えられます。

日頃のケアである程度は解消されても、透き通るように白い肌とまでは言えません。あまりナーバスになりすぎず、のんびりとケアしていくことが重要です。

 

デリケートゾーンの黒ずみ改善法

~日頃の生活での刺激を和らげる!!

まず、容易くできるのが、日頃の刺激をできる範囲で軽減することです。デリケートゾーンは入浴時を外せば、24時間ずっと下着や衣服によるストレスを受けています。その為、あなたに合った下着のサイズや形状、そして素材を見直してみることは必要です。

サイズがきつく、締め付けの強い形のというものでは、強く当るところが黒ずんできちゃうんです。 そして、品質も、綿(コットン)や絹(シルク)、吸湿速乾加工を施した線維が、肌への負担がなく通気性もいいので一押しです。

形状もビキニラインの黒ずみを気にしているなら、ボクサータイプのショーツがこすれにくいのでおすすめです。

 

~美白クリームやクリニック!!

デリケートゾーンは解剖学的にいうと、メラニン活性が高くて、黒ずみが起こりやすい部位です。一般的な美白クリームなどを使ったとしても、お顔とは違い、すぐに効果は得られません。途中で止めないということがいいと思います。

確かな効果を出すには、美容皮膚科に相談するのも適切です。クリニックには、メラニンの合成を著しくブロックする、ハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームを出してもらえます。

また、ビキニラインや外性器周りのレーザー脱毛は、メラニンもカットしくれるので、ムダ毛のみならず、気になる黒ずみも解消されて一石二鳥です。

外性器周りのムダ毛がすっきりすると、生理の経血が一緒になって、ナプキンかぶれや湿疹をつづけるといったトラブルも減少され、炎症後色素沈着が出来にくくなることによって、デリケートゾーンの黒ずみがジワジワと出来にくくなるというメリットもあるのです。

他の人に相談しづらいお悩みながら、女性皮膚科専門医なら、気楽に相談できるのではないでしょうか。

 

これで安心!デリケートゾーンの黒ずみ改善4つの手入れテクニック

あきらめるのはまだ早い。デリケートゾーンもしっかりとケアすることで黒ずみが改善されますよ。そこで今回は、「デリケートゾーンの黒ずみ改善」お手入れ方法を4つご提示します。

 

専用のソープで優しく洗う

デリケートゾーンは非常に刺激を受けやすいものです。刺激を受けると黒ずみの原因となりますので、体と同じくガシガシとこすって洗うのはやめて下さいね。 弱酸性の無添加の石鹸を使い、顔をきれいにする時のようにしっかり泡立てお肌に刺激を与えないように優しく包み込む感じに洗いましょう。

 

しっかりと保湿

美白効果のある成分(ビタミンC誘導体等)入りのものを使うのが良いでしょう。化粧水を塗るときは、コットンを活用して優しくつけてあげましょうね。 この場面でも認識しておきたいことは肌へのストレスですので、敏感肌用のものやデリケートゾーン専用のものを使った方がいいです。

集中パックはヨーグルトのホエー 」ホエーとは、ヨーグルトを食べるとき上にたまっている液体というとピンときますよね。ホエーには美白効果やピーリング力を発揮してくれると言われており、使われている乳清タンパク質には抗炎症作用があるとのことです。

パック直前に水切りヨーグルトを作ることをオススメします。パックの作成法は、水切りヨーグルトを作ったのちに残るホエーをコットンに含ませ、気にかかる部分にやさしく当て、そのまま10分放置して流すだけですが、あなどれない効き目を見せるようですよ。

 

肌に優しい下着・洋服を選ぶ

摩擦による刺激が黒ずみを誘引してしまいますので、ダイレクトにお肌を刺激する下着選定はとても大事です。日常は無理でも、独りでゆったりする時間くらいは、お肌に優しい綿素材のものを着るように意識してみてください。

ストッキングや細いパンツも摩擦に繋がりますので、たまには肌を休ませるファッションも入れてみるといいですよ。

 

体中からケア

ビタミンCやビタミンEを摂りいれることがメラニン色素の防止に一役買います。ビタミンCは、パプリカ、ピーマン、イチゴ、キウイ、ゴーヤ、アセロラジュース等にブレンドされています。

一方でビタミンEは、パプリカ、さつまいも、うなぎ、ほうれん草、卵(卵黄)等に入っています。日ごろから、たっぷり摂れるように心がけたいですね。 どうでしたか? ちょっとした知識をもつことで、デリケートゾーンの黒ずみの改善に結び付きます。

どれも楽にできる事ばかりなので、苦悩している方は早速スタートしてみましょう。

 

 

デリケートゾーンのケアについて!

上記ですそわきがセルフチェックが1つもなく、病的要因も心当たりがない場合は生理的要因で臭うのだと思います。ここからは恥垢や体調不良など「生理的要因」の場合のケアを紹介します。

生理的なことが原因となるデリケートゾーンの『におい』を解消するには、まず自宅でケアをしてみましょう。 第一段階は陰部をきれいに洗うことから始めてみます。

chikou01

ケアをする方法ですが上記の画像を参考に、 「大陰唇と陰唇の間」は指で石鹸の泡を用いて丁寧に優しく洗って、石鹸が残ることがないように衛生的に洗い流しましょう。

「小陰唇のヒダ部分」はヒダを伸ばして細部に至るまできれいにすることがポイントです。注意点として、膣の中は石鹸で洗わないように気を付けてくださいね。

「クリトリスと皮の間」は、クリトリスの皮をおへその方へ引く感じでクリトリスが顔を出したら、指でやさしく丁寧に洗います。

膣の中も同様ですが、敏感な粘膜なので体質に合わない石鹸やボディーソープを使うと、ヒリヒリと痛くなり粉のようなカスが噴出するようなことがあります。

ほんとうに臭いの根源を断ち切るには、周囲を周到に洗い流せばよいということではなく膣の内部から丁寧にきれいにすることが大切です。

じつは、一般的なボディソープなどで洗うと刺激があり過ぎることが多いです。なので、できればデリケートゾーン専用の石鹸を使用した方がいいです。

 

「規則正しいやり方により洗う」

1日の汚れた状態をそのままにして寝てしまうのも、臭いを悪化させる要因となってます。 抗菌・殺菌効果を発揮するデリケートゾーン用石けんなどで、陰部を常時清潔に洗いましょう。

洗うときは、石けんを沢山泡立て、指の腹で優しく細部まで洗います。注意点はナイロンタオルを使ってゴシゴシこすってはいけません。

炎症が発生して肌を守る常在菌が減ると、臭いの原因となる雑菌が増殖しやすくなっていくのです。 むしろ臭いの悪くなる事もあるので、注意が必要です。

 

「泡立てネットを活用する」

私が行なっている陰部を洗う方法ですが、弱酸性の石鹸で泡立てネットを使ってよく泡を立ててから包みこむようにキレイにしています。ああだこうだやりましたがこのやり方が一番効果があります。

awadachi-neto

前の方でも言いましたが、絶対にゴシゴシせず指の中腹を利用してやさしく洗ってください。 綺麗を保ち『悪玉菌を増やさないこと』がにおいを抑制するポイントとなるところなので意識しておいて下さいね。

 

「食生活を改善する 」

食事も臭いに関わってきます。動物性タンパク質を多く摂ったら、体臭が強力になる確率が高いです。 欧米人にわきが体質の人が多いのは、こういう食生活が原因となるとも考えられています。

食生活の欧米化とともに、日本人にもわきが体質の人が増えてきたようです。 わきが体質の人で、肉類や卵、乳製品という動物性タンパク質をよく吸収する人は気をつけてください。

可能な限り、魚や野菜をメインとした食事を心がけて下さいね。 ニンニクや唐辛子等の香辛料や酒類なども、発汗を促すことで臭いの要因になります。

動物性タンパク質と同様で摂取を管理することで臭いの抑制に影響を及ぼすので、ぜひ意識してください。 因みに「デリケートゾーンにおい対策に効果がある」とされる食材です。

 

ゆず(皮)、パプリカ、アセロラ ビタミンCは脂肪酸の酸化を防ぎ、デリケートゾーンの臭いに効果的なんです。

kousanka-shokuzai

 

ニンジン、シソ、モロヘイヤ 野菜は色の濃い野菜をよく食べることでOK。

kousanka-shokuzai-02

 

「あせ・よごれをとる 」

前述していますが「すそわきが」の臭いのもとは、汗だと言えます。 アポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺より排出される脂肪酸と混ざり、そこを皮膚常在菌が分解するということで臭いが生じます。

なので、臭いを抑えるには、汗を何度も拭いてあげることが大切です。 最も暖かいシーズンやスポーツをしたあとなど、汗の出やすい時は、タオルやウェットティッシュなどを常備して、少しでも多く臭いのもとをなくしてあげましょう。

臭いが不安なときは、「デオドラント製品を合わせて使う」と安心できます。 デオドラント製品は、衣服や下着をしてから使用できるなパウダースプレーや体全体に使用可能なローションなど、多彩なタイプのものが販売されています。

どのタイプにしろ、汗を抑えて気になる臭いを減らすのに力を見せます。 陰部は影響を受けやすい部位ですので、デリケートゾーン用など、肌にやさしいタイプを買うようにした方が良いです。

ちなみに、顔と同じ様に、陰部も人それぞれに肌の質に差があるので、敏感肌・乾燥肌の人は先にパッチテストをして、自身の肌に合うものか否かを判断することが大切です。

尿や生理の経血、おりものは、すそわきがの臭いをもっと強力にしています。 尿や経血と言えるものを栄養分としてばい菌が繁殖し、一層強い臭いを放つわけです。

お手洗いに行った時は、ビデできれいに洗浄し、臭いのもとを除去して下さい。 外出のときなど、ビデの使えないときには、デリケートゾーン専用のウェットティッシュで拭いてあげると確実です。

また、雑菌は湿気が多くあり、気温が高いときに増殖し易いため、こういった環境では臭いも強くなります。 可能な限り通気性のよい下着をつけ、ぴっちりしたジーンズなど、カラダを締めつけるといったようなコーディネートも極力控えるようにしてください。

生理用ナプキンやおりものシートも何時間も放置しておくと汗をだして臭いがこもりやすくなるはずです。 マメに替えるようにしましょう。汗をかいた下着類も、同様です。

 

デリケートゾーンのかゆみとムレについて

デリケートゾーンのかゆみ、ムレが生じる原因とは?

デリケートゾーンについての問題で多くあるのが「におい」「かゆみ」「ムレ」の3つです。その中でも、生理時には、経血の生臭い臭いの他に、「かゆみ」や「ムレ」からくる不快な思いはかなりのもの。長期間ナプキンを付けていればなお一層です。

そして、デリケートゾーンは、身体全体のお肌の中においても一番薄い部位です。最も薄いまぶたの角層が大体8層といわれていますが、デリケートゾーンの角層はわずか6層。それぐらい、外部よりの刺激やストレスに弱いということを意味します。

ところが、実際のところは働く女性の大体が、「仕事だから仕方ない…」と、生理痛に耐え、デリケートゾーンの嫌な思いにも耐えて活動していると考えられます。このサイトでは、かゆみ、ムレが生じる原因とその対策を簡単にご案内しています。

悩んでいる方に、少しでも参考にしてもらえると嬉しいことです。

 

かゆみ、ムレの対策対法!

まずは清潔を意識することが基本となります。入浴時にはデリケートゾーンをきちんと洗い、的確なケアをし、清潔な下着を身につけるようにします。汗をかいたり、おりものや経血で汚されたなら下着やナプキンをこまめに替えます。

ショーツは特別通気性のよい綿素材のものが、ピッタリしたジーンズやストッキングよりはゆったりとして通気性のよいものがおすすめです。…:陰部のかゆみの原因と対策:陰部を清潔に保って、かゆみ対策」誰もがやった経験がある、でもなんとなく他の人には相談しにくい、デリケートゾーンのかゆみ。

そのほとんどは、ムレやおりもの、ナプキンによるかぶれ、汗などの理由で、重病ではないことが大半です。下着やパンティストッキングで締め付けられやすい陰部は、ムレやすく、さらにナプキンも使う生理中にかゆみが起こるというケースが多く見られます。

最近は吸収性に優れたナプキンもたくさんあって、汚れてないからと言って替える回数が減ってしまうことも。 パッと見ては汚れていなくても、湿気などで雑菌が繁殖し、かゆみが生じる原因になることがあります。

まめにナプキンを換えたり、ウォッシュレットを利用するなどして、陰部の清潔を保ちたいものです。 敏感お肌やアレルギー体質の方、疲れているときは注意が必要!とくに、敏感肌やアレルギー体質の人は、デリケートゾーンにもかゆみが起こりやすい確率が高いです。

また、通常は何ともなくても、ストレスや疲れで身体の免疫力が落ちているときは、かぶれやかゆみが生じることも。糖尿病、妊娠中、抗生物質を服用中の人なんかも、陰部にかゆみが起こりやすいのでご注意ください。

ホルモンバランスが乱れる更年期にも、身体が暖まったときにかゆみが起きることがあります。 感染によるかゆみには専門的なケアをカンジタ菌は健全な女性であれば、例外なく持っている常在菌ですが、風邪や疲労、ストレスなどを通して増殖し、おりもの・かゆみなどの症状が生じます。

おりものの状態がいつもと違って、カッテージチーズのようにポロポロしていたら、膣カンジタの可能性があります。 陰部を清潔にし、軟膏などで改善しましょう。

これ以外に、陰部のかゆみの原因として想定できるものには、大腸菌、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス膣炎、パピローマウィルスが原因の尖圭コンジローマなどが挙げられます。

陰部の皮膚がただれたり、痛みがあるかゆみが起こるかもしれませんので、ひどくなる前に早めに婦人科を受診しましょう。

 

デリケートゾーン3つのニオイケア!

デリケートゾーンのニオイは、女性たちからしたら悩みのタネのひとつ。もし心配になったとしても他人からツッコまれることがほぼないので、自分のニオイがどうなのか判断が不可能ですよね。そこで今回は、女性たちが日頃している「デリケートゾーンのニオイケア」に関してアンケート情報を入手しました。

 

「専門のソープできれいにする!」

・「生理中のときは気になるから。デリケートゾーン向けのソープをつかう」(31歳/小売店/販売職・サービス系) ・「ジャムウソープ。せっけんを入れかえるだけでよくてお手軽なので」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「専門としたせっけんでキレイにしている。ニオイが漏れないか気にしなくていいように」(32歳/電機/事務系専門職) ニオイケアを意識してデリケートゾーンを専門としたソープを利用するという女性もいるみたい。特に生理中などはニオイがキツクなるケースもあるので、日頃よりもしっかりとケアしておいた方がいいですね。

 

「おりものシートなどを利用する!」

・「こまめにパンティライナーを替える」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「おりものシートを付けて、こまめに替える」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「良いニオイのおりものシートを用いる」…(29歳/運輸・倉庫/営業職)

下着についたおりものがニオイが生じる原因となることもあるので、おりものシートなどで下着の汚れた状態を妨げてニオイケアをやっているという人もいるみたいです。つけっぱなしだとマイナス効果になるので、こまめに取り換えるということを忘れないようにしてくださいね。

 

「アンダーヘアの処理をする!」

・「専用せっけんで洗う、アンダーヘアを処理する。ヘアを処理して蒸れにくくなった気がするし、せっけんも使用しないよりは効果があったが、完全にニオイはなくなっていない」(25歳/運輸・倉庫/その他)

 

アンダーヘアのお手入れをせずにいるとやはりムレなどの原因にもなりやすいものです。ニオイを防ぐには清潔な状態を保つことが大事なので、気になるという人はアンダーヘアもしっかりと処理しておいたほうがいいですね。

生理前後など特にニオイが気になるときだけケアしている人もいますが、おりものなどのニオイが気になっているという人は日常的に積極的なニオイケアをしているようです。

ニオイをニオイで偽るのではなく、おりものや汗、ムレなど要因になるものを取り除いてキレイに保つというのがニオイケアの最初の一歩ですね。

 

 

知ってました?デリケートゾーンの臭いを防止するお得情報

ほとんど知れていない「痔」との関係性!?

女性の生殖器は、男性とは違い体の奥に隠れています。デリケートゾーンの状態(色、分泌物、出血、子宮下垂など)を鏡で確かめることはしないが、「ニオイは気になる」という女性は数えきれない程。

嗅覚はストレートに脳へ信号を送るため、良い香りや嫌な匂いは記憶の奥ふかくに刻み込まれます。特に私達日本人はニオイに鋭敏な民族ですので、セックスや生理時の体臭が気になる人は結構あるのではないでしょうか?

デリケートゾーンのニオイの原因は主として「雑菌の繁殖」が影響しております。しかし、あなたが感じ取るそのニオイは本当に生殖器エリアの雑菌だけが要因でしょうか?

実はそのニオイ、生殖器とは別からも出ているのです。 それは、「肛門」です。 痔とニオイの関係なぜ、肛門から雑菌が繁殖してしまうのかをお伝えいたします。

女性は便秘になることが多く、便座でイキむことを何回もすると簡単に「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」をもたらしてしまいます。痔が治癒する前にトイレットペーパーで肛門を何度も拭けば、摩擦により肛門の粘膜を傷つけ痔はさらに深刻化。

傷からは分泌物が生じるため、それが雑菌を繁殖させ悪臭になってきます。 さて、雑菌の繁殖を防御するために痔をブロックする方法をご説明いたします。

 

痔を予防するには?

(1)食事痔を防ぐ1番の方法は便秘を回復することです。優先して食物繊維と乳酸菌がある食事をとりましょう。乳酸菌はヨーグルトといった乳製品から摂るのではなく、納豆・味噌汁・漬物などから取ること。また、日ごろから辛いものを控えるべきです。香辛料は消化されにくく、便を出す際に肛門を傷付けてしまうからです。

 

(2)トイレ排便後、肛門はトイレットペーパーを使わず水洗いすること。肛門はトイレットペーパーによる擦れに弱いためです。自宅にウォシュレットのない方は、持ち運びが出来る携帯ウォシュレット、またはトイレットペーパーを水で濡らしてから肛門を拭きましょう。

 

(3)お風呂お風呂場で肛門を洗う時に、従来の石鹸ではなく肛門科で推薦される石鹸(*透明レスタミン石鹸など)を活用すること。石鹸をよく泡立て、肛門は指の腹でやさしく洗って下さい。決してタオルなんかでガシガシと洗ってはいけません。

 

(4)病院今もって「肛門科へ行くことが気恥ずかしい」「医者にお尻の穴を出すのは屈辱」と言う女性が結構いるのですが、市販のお薬だけでは治癒しないのが痔のトラブルなんです。肛門科に通う事は決して恥ずかしいことではないので、痔の兆候があるのならすぐに肛門科のある病院へいってください。

 

痔の予防5カ条とは

痔をよくするにあたって、意識するべき5カ条を解説しますね。

1.日常的にお風呂に入り、肛門をキレイにすること

2.こまめに水分を摂り、野菜メインの食事で便秘を防止

3.お腹と腰を温め、長い時間のデスクワーク・ドライブ・自転車をさける

4.便意を辛抱せず、排便においては力まず、ゆったりと

5.排便時間は短く、常に同じ時間にするクセを

 

どうですか?デリケートゾーンのケアには生殖器以外に痔にも気をつけなければならないということがお分かりいただけたと思います。なのでジェニタルケアの1つとして、フェイスcareと同じように肛門ちゃんもいたわってくださいね。

 

生理の終了目前のニオイ対策とは?

正しいお手入れ方法

生理の終わる寸前に臭いがキツくなるわけ」生理中はナプキンの利用などによってムレるため、デリケートゾーンに臭いが生じやすくなっています。生理中の臭いを気にしているという方の中でも、特に生理の終了寸前の臭いが心配という意見がよく聞かれます。

これは、経血は既に止まっていても膣の中に残る少しの経血が少しずつ出ており、それと汗などが混合し、酸化することによる臭いになります。量が少ないためにゆっくりと出てくることも要因の1つでしょう。

また、生理の終わる寸前の経血は、茶色く濁ったような色となっているはず。経血や皮脂、汗などが混ざって酸化することで、赤い色から茶色となっているのです。

生理の終わりかけもデリケートゾーンを清潔に生理が終わる間際の頃は、ナプキンもさほど汚れないので、まめに交換にしなくなるということも臭いを引き起こすきっかけになっています。

ナプキンが汚れていないように感じても、3時間ぐらいすると雑菌が繁殖しやすくなっているので、こまめに取り替えるようしましょう。 臭いを予防するには、デリケートゾーンをキレイに保つことが重要となります。

ウォシュレットのビデで汚れを落とす、またはデリケートゾーン専用のウエットティッシュで拭くなどの方法があります。…また、デオドラント効果を発揮するナプキンを使用しても安心です。

膣内に残った経血を洗うのも、生理を早く、すっきりと終わらせるのに便利です。生理の終わりかけの経血が気になるときは、専用ビデで膣内を洗い流すとOKです。膣にたまっている経血をパッと洗い流すことで、ナプキンを使用する期間を僅かでも短くできる為、かぶれ対策としてもオススメです。

ただし、使い過ぎると膣内のバランスが失われてしまうので、お気をつけください。 茶色いおりもののみたいなものがしばらく続くようなときは、生理の終わりかけってとこではなく、ホルモンバランスの崩れやクラミジア等の性病、子宮頸癌などの病気が原因の可能性も高いです。

早くクリニックを受診して、専門家の教えを受けるようにして下さい。

 

デリケートゾーンのニキビについて

デリケートゾーンにできるニキビの原因と対策法とは?

恥ずかしくて他人にはいえないけど、デリケートゾーンにニキビに近いものができてしまうとか、かゆみが生じたりすることってありませんか?

どんなタイミングで、皮膚科に行けばいいのか産婦人科に行けばいいのか判断できなかったり、気恥ずかしいから何処にも行かずに、周りの人に言わずに、一人でこれは一体何か?と心配に思ったりしますよね。

でもこのことは多くの人が実感していることなので、恥ずかしがることはないですし、ちゃんとよくなるので悩まなくても大丈夫です。

では、なぜニキビのようなものが出来てしまうのか?また、その改善策に関して徹底的に見ていくことにします。

デリケートゾーンのニキビの原因って何なんでしょうか?デリケートゾーンにポコっとニキビと言えるものができてしまうのは、以下のようなものが原因として考えられます。

・垢や尿といった汚れが残り易い

・生理などの際のナプキンの刺激

・下着の締めつけによる蒸れ

・ストレスとか生活環境の乱れ

・カミソリ等の刺激

 

一言でいうと、清潔にしてないことや蒸れ、刺激などというような原因でニキビができるというわけですね。

陰部は表皮が薄く、わずかな刺激でも肌においては大きなストレスが生じてしまいます。

にもかかわらず垢や尿等の汚れが残りやすく、また女性は毎月1回生理が来ますから、蒸れたり汚れがへばり付きやすかったりして一層かゆみや肌トラブルがおこりやすくなると考えます。

ストレスもないがしろには出来ません。女性の体はとても細やかにできているため、ホルモンバランスが崩れやすいです。

生理があるだけであっても崩れやすいのに、そこにストレスが加わったら健全なバランスを保つことがより難しくなるはずです。

また、陰部に出来るのはニキビだけではなく、毛嚢炎(もうのうえん)であることもあります。

これはニキビと似通っていますが、黄色ブドウ球菌などが原因で炎症を起こしたり膿がたまったりします。

この様に女性のデリケートゾーンは肌荒れが起こりやすい部位です。これらニキビや毛嚢炎(もうのうえん)、かゆみなどを放置しておくと、アトピーが起きたり、膿が溜まって悪化し、最悪手術をしないとならないこともあり得ます。

その上、ニキビ等のできものが凹んで、ニキビ跡と同じく色素沈着してしまう可能性もあります。

なので誤った自己流のケアではなく、適正なケアをして改善していくことが重要なのです。

その見直し方法をこの次で説明をさせていただきますね。

 

デリケートゾーンのニキビの対処法は?

蒸れや刺激を和らげるためには、できる限り通気性の良い下着をつけるような状態で、生理のときも紙ではなく布ナプキンを利用するようにするといいです。

ボディ用ソープでごしごし洗ってしまうと刺激が強過ぎますし、洗浄力が強いため膣内の環境を保持するための善玉菌まで殺してしまう可能性が考えられるため、ボディー用ソープでなく洗顔用の石鹸などをガッツリと泡立ててからやさしく洗うことを意識しましょう。

この様に、清潔にすること、陰部になるべく負担をかけないようにすること、蒸れ対策を行うことが重要になります。

ですが、この他にもっと大切なことがあるのです。それはバリア機能を回復してやることです。

デリケートゾーンは様々な刺激を受けていますから、皮膚表面にかぶさって多様な刺激から肌を守ってくれているバリア機能がグラグラになってしまっているわけですね。

だから、ニキビといった肌トラブルが起こりやすくなってます。 ということは、ニキビを治したいのなら、バリア機能を回復させてあげたらいいのです。

上に述べたように、キレイにするとか、刺激を与えないように努力するとか、そのようなことを気を付けるだけでも肌の調子は整ってくるのですが、デリケートゾーンは刺激に関しては極めて弱い部位ですから、さらにプラスでお手入れをしてあげることが肝心なのです。

ではどういったものでケアしてあげれば良いのかに関しては

デリケートゾーンはナイーブなので、無添加のソフト成分のものがいいです。

スキンケア商品には、良く知らない化学構造をした成分やアレルギーができる成分が含まれていることもあり得ます。

デリケートゾーンのようなナイーブな場所に、あまり知らない成分を含んだものを使用するのはこわいですよね。

特に女性のデリケートゾーンは赤ちゃんを産むための器官から近い場所ですので、安心安全な成分でケアしていくことが大事です。

正しい陰部のお手入れ方法」角質層が薄く、デリケートな陰部女性のデリケートゾーンは角質層がとても薄く、小さい刺激に敏感な部分。

下着に覆われていますから、湿度も高く、雑菌などが増殖してかゆみが起きたり、毛穴に菌がうつると、毛嚢炎というニキビと同じ症状が起こる時もあります。

デリケートゾーンは複雑に入り組んだ組織のため、「恥垢(ちこう)」という垢や尿が残り易く、これらが問題の原因に、とくに生理中のナプキンの利用や、疲れていて免疫力が低下している時に、かゆみなどの症状が生じやすくなります。

毎日の適正なお手入れで、デリケートゾーンのトラブルを防ぎましょう。

 

陰部の正しいケア方法

まず、お風呂場で洗うときは、ボディ用ソープを使うのはさけたほうが万全。

洗浄力が高過ぎるものを使用する事によって、刺激になりやすく、膣などの環境を保持するために働く善玉菌まで殺菌してしまうかもしれません。

ソープを使うなら、デリケートゾーン専用のものがおすすめです。手や泡立てネットなどで泡を一杯作って、前から順番に肛門に向けて洗って行きます。

指の腹を活用して、こすりすぎ無いように洗いましょう。 終わりにシャワーですすぎ、洗浄成分をきちんと流します。

ひどいかゆみや出来物は治療薬でケア」陰部の悩みでよく耳にするのが、「かゆみ」や「できもの」。

かゆみは、汗や排便後にきれいにできなかったことで発生する一過性のものから、細菌やカビが原因で発生するものもあります。

一過性のものであれば、陰部を清潔にし、通気性の良い下着などを身につけ、ムレを防ぐことで良くなります。

かゆみがひどい場合のケースでは抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤といった抗炎症剤を用いたり、時には抗生物質や抗真菌薬を利用して治療します。

陰部にも吹き出物がでる?」また、顔にニキビが出来るように、陰部にも毛嚢炎(もうのうえん)というニキビと似たブツブツがでることがあります。

下着に触れる部分や、アンダーヘアをセルフケアした部分にできることが多く、一度に何カ所が出来たり、中には化膿する状態もあります。

化膿しているときには切開して膿を出すこともありますが、そこまでひどくなっていなければ、軟膏や内服薬で治療します。

 

陰部にできたデキモノってニキビなの?その答えと改善策

陰部のデキモノの予防法 痒みや痛さは日頃の生活においても、大きな支障となってきますので、 予防ができると安心できます。

基礎的な予防方法を整理しました。 キレイにしておく 陰部のムレが気に掛かる人は、ショーツやナプキンをチェックしてみましょう。

お尻ニキビの対策としても推奨しているショーツは、ユニクロのエアリズム。通気性抜群で陰部のムレに悩む方にももってこいです。

また、生理中は普段と比べよりムレを感じると思われますが、ナプキンをつけた時の陰部の湿度は約90%であると言われています。

ショーツはシルクやコットンなどの通気性のいいものを使用し、ナプキンは布ナプキンを使ったり、汚れていない場合でもこまめに交換したりするなど、菌が繁殖しやすい環境をできる限り作らないようにすることが重要です。

殺菌成分の入った薬用石鹸・薬用ボディーソープを利用して万遍なく洗う 陰部をゴシゴシ洗うのはNGです。

やさしくたっぷりの泡で汚れを絡めとるように細部に亘って洗いましょう。

 

VIO脱毛の自宅でのケアに注意!

アンダーヘアのメンテは、ムレの解消に有効だとされています。

ただし、エステや医療クリニックでの脱毛はコストが高く、行くのも大変ということで、自宅ケアで終わらせようとしていませんか?

自宅ケアによる、カミソリや毛抜き、ワックスでのケアは、お肌や毛穴を傷付けてしまうことが多く、菌が侵入してしまうおそれもあります。

陰部にできるニキビのようなデキモノでお困りの方はセルフケア方法を考え直してみて下さい。

陰部などのデリケートゾーンのトラブルについていろいろと説明しましたが、毛嚢炎に始まる病気はどんな人でも起こりうるものと言えます。

顔のニキビのように第三者の目が気になるわけではないですが、痛みや痒みを伴うとライフサイクルにも支障をきたします。

薬で症状が良くならないなら早めに皮膚科や婦人科を受診するようにしてくださいね。

 

デリケートゾーンの匂いを取るには?必ず消す方法教えます

女性なら誰もが、デリケートゾーンについてのそれなりの悩みを抱えているのではないでしょうか。中でも、ご自身のデリケートゾーンのにおいが気になってしまった…という経験のある方はほとんどだと思います。

というのも、生理時の経血には変わった生臭いにおいがありますし、生理の2週間位前からはおりものの量が増えて、臭いも強力になるものです。 それなりのにおいは誰もがあることなので当然ですが、「他人よりキツイんじゃないか?」、「周りに漏れてないか?」といった、イメージすれば考えるほど心配です。

他の人のにおいと比べることができないため、結論がでないまま悩み続けているという人は多いのではないかと思います。デリケートゾーンの匂いを取る方法として、大事な事は雑菌を増やさないということも重要ではありますが、洗い過ぎで、カラダにとって良い菌まで殺菌しまったせいで逆効果を起こします。

本来、殺菌やウィルスといった外敵から身体を守ってくれる良い菌まで殺菌してしまっては、ガンジダなどの病気に結び付く可能性も出てきてしまうのです。そのような事にも気を付けた上でデリケートゾーンの臭い対策が要されてくるのです。

 

『デリケートゾーンの匂いを取る13の方法』

では、ここからは確実にデリケートゾーンの匂いを取る方法をご紹介していきます。すべてすぐ使えて、簡単に出来ることばかりですので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

1:やさしく丁寧に洗浄する

デリケートゾーンは肌がとても薄いので、刺激にデリケートで傷つきやすい部位です。石鹸やボディーソープを泡を立てて、優しく手で洗うことに注意しましょう。

ただ、汚れが留まりやすく、残り易いという部分からも、泡をつけるぐらいでは汚れは落ちません。指の腹を活用して、丁寧に洗うことが重要です。前方から陰毛、陰核、会陰部分と洗い、一番最後に肛門を洗うようにします。

熱いお湯は刺激になるため、ぬるめのお湯で洗うことを意識しましょう。ただし、膣内は自浄作用があり、石鹸を用いることで良い細菌まで殺してしまうことなどもあるために、お湯で洗い流すだけで充分です。

 

2:デリケートゾーン専門の低刺激石鹸を利用する

女性のデリケートゾーンの匂いケア専用に作られた低刺激石鹸を利用して匂い源を根源から取る方法です。

美容成分でうるおい感をあたえケアをしながら、臭いの元となる汚れを落とすだけに限らず、角質による黒ずみまでキレイにしてくれたり、100%天然成分だけで作られているため、敏感なお肌にも影響が少ない低刺激石鹸があります。

デリケートゾーンに効果がある低刺激な石鹸は『デリケートゾーン石鹼ランキング』を参考にしてくださいね。

 

 

3:専門のデオドラントクリームで臭いを消す!

デリケートゾーンにも専門のデオドラントクリームがあります。今では多くの種類の専用クリームが売られているため、中には刺激の強い成分だけが配合され、婦人病の元になってしまったり、あそこがかぶれてしまったり、赤みが出て消えなかったりといった被害も聞いています。

なので、無添加で刺激が無いもので、効果が認証されている商品を選ぶことが必要です。当媒体周辺で、フェイスブックやツイッターといったSNSを使い、「デリケートゾーンの臭い対策に、もっとも効果抜群」と口コミで人気になっているデリケートゾーン専用のデオドラントクリームを調査したところ、「クリアネオ」という専門クリームがかなり人気となっています。

引用:『クリアネオはすそわきがに効果があるの?』

デリケートゾーンの臭いの原因となる皮膚への汗の流出と、発汗量そのものを減少させ、汗をWブロックしてくれる厚生労働省認定の薬用有効成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されています。

殺菌に関しては、こちらも厚生労働省認定の薬用有効成分「イソプロピルメチルフェノール」が配合されていますので、臭い原因となる菌だけをピンポイントで殺菌され、常に衛生的な環境を保つことができます。

消臭成分には「柿タンニン」や「茶エキス」など、その他10大成分がぎっしりと配合されているので効果は抜群です。

 

クリアネオについての詳細は「デリケートゾーンにおい」のページでも解説してます。こちらも良かったら参考にしてくださいね。

 

4:外出時にはウェットティッシュでケア

外出する時などに洗浄トイレやビデがなくてきつい、という体験、あるものです。そのようなときの強力な味方がデリケートゾーンに使えるウェットティッシュです。生理用品で人気のソフィを始め、デリケートゾーン専用石けんを扱うメーカーなどのものもあります。

毎回バッグに入れておくと、いざという時に役立ちますよ。蒸れを防ぐ デリケートゾーンのお肌は他の箇所の皮膚とは異なり、薄くて敏感です。その為、蒸れなどの影響から臭いを発生しやすくなることが多いです。

蒸れを防ぐために、下着を付けないでいるのは問題がありますので、通気性が悪いナイロン素材やポリエステルの下着は止めた方が良いです。通気性や吸湿性が良い綿素材の下着を意識してみたら良いと思います。

 

5:毛の処理のアフターケア

むだ毛をセルフケアしている方は、デリケートゾーンに黒ずみが際立ってしまったり、臭いが発生する割合が高いです。これは、毛を処理しただけで満足してしまいアフターケアを怠ったために起こる可能性があります。

デリケートゾーンのムダ毛の処理においては、できる限り刺激が少ないワックスやクリームを選ぶことを心がけると、ムダ毛の処理を行なってからも、保湿系のクリームやジェルでしっかりとケアすることを心がけて下さい。

 

6:生理中はまめにナプキンを交換する

生理中の臭いは特別気になりますよね。じつは、経血自体には臭いはないといえます。ほったらかしにされた経血に、菌が繁殖すると臭いが生じるのです。

ですので、匂い対策のためにも、ナプキンの交換はまめにして下さい。何時間も何時間も、同じナプキンを付け続けるのは匂いが生じるだけでなく、蒸れやかぶれをも引き起こしてしまいます。

また、生理中は、フィット感の強力な下着やタイトなファッションを控える必要性もあります。締めつけのきついこうした洋服は、デリケートゾーンの通気性を損ねるので、高温多湿の環境を作り出し、より雑菌が繁殖し易いの状況になるためです。

通気性を良くする デリケートゾーンの通気性をできる限りよくするコツもあります。それにはまず、通気性がよくお肌にソフトな下着を選択するようにしましょう。

理想的なものは、コットン100%の下着です。無理があるようならば、できる範囲でコットンの割合の多い下着を選ぶように考慮してみてください。下着に限らず、ストッキングやタイツも通気性のよいものをチョイスするとさらに、デリケートゾーンの高温多湿を和らげることができます。

今日では、通気性に優れたタイプのストッキングやタイツも増えているみたいですので、仕事などで必然的に着用しなくてはならないという人は特にそのようなタイプのものを選択すると安心できると思います。

 

7:肉や脂質を基礎的な量にまで減らす

脂がのったお肉は本当に美味しいと思われますが、だとしてもそればかりに偏っている食事内容は健康のためにも良くありません。そればかりか、デリケートゾーンの匂いをきつくする原因にも変わるのです。

肉類だけでなく、脂質がたくさんある生クリームなどをたっぷり使用したスイーツの食べ過ぎも同じく危ないです。心当たりがある人は、肉を魚や大豆に置き換えたり、スウィーツもドライフルーツやハチミツを使用したドリンクにするというような工夫を凝らしてくださいね。

刺激の強いスパイス系も摂取し過ぎると、臭いをきつくしてしまいますので、並行して配慮してみましょう。栄養配分の良い健康的な食生活が、デリケートゾーンの臭いも軽減しくれますので、日常の食事を一度チェックしてみることをおすすめします。

 

8:衣類を意識する

匂いを阻止するには衣類のケアを意識することも大切です。皆さんは、サウナで「汗くさい!」と感じ取ったことがありますか?色々な人の人が、大量の汗をかく場であるというのに、サウナは汗臭くはないといえます。

それは、汗自体には元は無臭であるからです。汗くさいと思うものの正体は、実は、衣類に付着した汗に繁殖した菌の臭いというわけです。そこで、デリケートゾーンのにおいケアするなら、下着や衣類に付着した汗も洗濯ですっきりと除くようにしましょう。

除菌や消臭効果がある洗濯用洗剤も増えていますので、そうしたタイプのものを使ってみてください。ほかにも、洗濯後に消臭スプレーを掛ければ、案外簡単にデリケートゾーンの臭いを軽くすることができるはずです。

 

9:ストレスの軽減

ストレスは、自律神経の働きに悪影響を与え、免疫力を減らしたり、ホルモンバランスを乱したりするということが判っています。ストレスを溜めて、体調を崩した…なんて場合がある方もいらっしゃるのかもしれません。

こうならないように、常日頃ストレスを溜め過ぎないよう、独自のストレス解消法を見つけておく必要があります。また、睡眠不足でストレスが溜まっていくことだってあります。

睡眠による休息が十分ではないと、疲労回復もおくれどんどんストレスを感じる体質になっていってしまいます。なかなか十分な眠ることが難しい時などは、食事による栄養の面から疲労回復をアシストするなどの工夫をしてみることをおすすめします。サプリメントを利用したり、アロマの香りで精神をリラックスさせるのもおすすめです。

 

10:衛生面にこだわって下着を身に付ける

デリケートゾーンの匂いになる原因は、繁殖した雑菌です。その為、デリケートゾーンの臭いをなくすには、常時清潔な下着を身につけておくことが大切です。

下着用の洗濯洗剤は、除菌・消臭効果が高いものを選ぶようにしてみましょう。そして、生理中やオリモノの量が多い時、また汗をかきやすい夏のシーズンなどはこまめに下着を変えるようにするといいでしょう。また、化学繊維素材の下着は蒸れやいことが多いです。

デリケートゾーンの蒸れは、雑菌の繁殖を促してしまいますので、通気性に優れたコットンやシルク素材の下着に変えてみるのも効果があります。ヨーグルトを股に塗ってナプキンをつける ヨーグルトに入る乳酸菌が、膣の環境をいい調子に整える「デーデルライン桿菌」の代役を果たします。

なので、ヨーグルトはデリケートゾーンの臭いやかゆみを抑制する作用があるといえるのです。デリケートゾーンの匂いが気になるという方は、試しにIラインに薄くヨーグルトを塗り、下着が汚れないようナプキンを付けて体験してみてはいかがでしょうか。

 

11:布ナプキンを利用する

生理中の気になる臭いはもしかすると、紙ナプキンの高分子吸収剤と経血が反応して出る臭いとも考えられます。あの独特の臭いがきらい…という人は、一度、布ナプキンにトライしてみてください。布ナプキンにすることで、経血の臭いだけになり、さほど気にならなくなるかもしれません。

さらに、布ナプキンには経済面やムレ・かゆみの緩和といったメリットもあります。中には布ナプキンに切り替えたら、「生理痛がなくなった!」という方もいるそうですよ。

 

12:陰毛を処理する

陰毛が伸び放題となっていることで、デリケートゾーンが蒸れやすくなると言えます。また、尿や汗、オリモノが陰毛に絡めばその箇所から雑菌の繁殖も進行して、臭いの要因になってしまいます。

陰毛を整えたり、処理することで、デリケートゾーンをよりキレイに保つことができるのです。海外では当然のごとく行われていた陰毛の手入れですが、日本でもここ数年で受け入れられてきています。

エステサロンや脱毛サロンでは、VIOラインの処理に限定して扱うところも増加していますので、気にかかるなら相談してはいかがでしょうか。

 

13:洗い過ぎないようにする

デリケートゾーンを洗いすぎると、肝心の「常在菌」まで洗浄してしまうことがあります。常在菌が無くなると、臭いを引き起こす雑菌の繁殖が進んだり、病気に感染しやすくなっていきますので注意したいですね。

女性の膣の中には、善玉菌も存在しています。ボディーソープなど洗浄作用の強い洗剤できつく洗うと、善玉菌も殺してしまい膣内のバリア機能をダウンさせることも…。

炎症や性病感染のリスクが上がりますので、デリケートゾーンの臭いが気になるという理由で、洗い過ぎないことを意識しましょう。上記で紹介したようなデリケートゾーン専門の優しいケア石鹸もありますから、そちらを活用してみるのもおすすめです。

 

デリケートゾーン石鹸ランキング!効果的ベスト3は?

 

「デリケートゾーンのにおいに効果的な石鹸なんてあるのか?」といろいろお調べではないでしょうか。

だったら安心してください。ここでは実際に購入し、デリケートゾーンのにおいに効果的と実感した石鹸(薬用ソープ)を3つ厳選してランキングにしてみました。

あくまで、独断と偏見ですが、石鹸選びのお役に立てればと思います。

 

デリケートゾーンにおい専用石鹸を選ぶメリットと正しい選び方!

ランキングに行く前に「デリケートゾーン専用石鹸って普通の石鹸とは何が違うのか?」説明していきます。

 

デリケートゾーン専用石鹼の4つのメリット

1:デリケートゾーン用石鹸は弱酸性でお肌を守りながら洗える!

通常、デリケートゾーンは、尿やおりものなど、アルカリ性の物質に常時触れているような状態です。その部分に、一般的なアルカリ性の石鹸やボディーソープを利用すると、必要不可欠な常駐菌まで落としてしまい、臭いの悪くなるだけでなく、お肌へ強いダメージを与えてしまい、それが黒ずみの悪化にもつながります。

デリケートゾーン専用石鹸は、弱酸性の状況を守りながら洗えるため、お肌の乾燥というようなことも抑えることにもつながります。

 

2:デリケートゾーン専用石鹸は【におい】【かゆみ】を減少させる

デリケートゾーン専用石鹸に配合されている成分ジャムウには、特有の気になる臭いやかゆみを抑制する働きがあります。

一般的な石鹸の様に、強い香りでごまかすのではなく、臭いの原因菌だけを殺菌する効果があるので、心配な生理中の臭いやかゆみも少なくすることができます。

デリケートゾーン専用石鹸によって、匂いでごまかすもありますので、入手する時に『成分』は忘れずチェックしておいた方が良いと思います。

 

3:ジャムウはデリケートゾーンの黒ずみの悪化も抑える働きをする

デリケートゾーン専用石鹸は、メラニン色素を抑える成分、ジャムウや甘草エキス・カミツレエキスなどが含まれており、黒ずみを薄くする働きにも期待できます。

1~2回程度の使用では結果は出ませんが、続けて使うことによりデリケートゾーンの黒ずみが悪化することを予防することができます。

 

4:必要な常在菌はお肌に残したまま清潔にすることができる

人のお肌には、場所を問わず常在菌が存在していて、中でも表皮ブドウ球菌は、お肌にとってなくてはならない菌であり、存在することでお肌を守るバリアの役割を果たしいます。

一般的な石鹸は、これらの表皮ブドウ菌まで落としてしまうのですが、デリケートゾーン専用石鹸は、お肌に必要な菌を残し、不必要な雑菌だけを洗い流すことができます。

その上、デリケートゾーン(膣の中)には自浄作用があるので、こういった菌を残したままでも清潔さを保つことが出来るのです。

 

デリケートゾーン専用石鹸は期待する効果で選ぶ!

注意しないといけないことに、デリケートゾーン専用石鹸にも、一般的な石鹸同様に香り成分でニオイをごまかすだけの石鹸、黒ずみ対策の成分が一切配合されていない石鹸も見られます。

なので、「期待する効果に応じた成分配合がされているか?」といったポイントが重要となり、私自身の経験上、大きく以下の3つに区分されるかと思います。

  1. ニオイ対策・・・消臭成分やニオイの原因菌を殺菌する成分
  2. かゆみ対策・・・炎症を抑制する成分
  3. 黒ずみ対策・・・メラニンを抑制する成分

いかがですか?このほかにも「ムレ」「ニキビ」などの対策もありますが、すべて上記の3つに含まれています。

そして、この3つをそれぞれ満たしたものを厳選して次で紹介しています。なので、あなたにピッタリのデリケートゾーン専用石鹸が見つかるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

 

★『デリケートゾーンの石鹸!効果的ランキングBest3』

 『イビサソープ』

イビサソープの主な特徴
  • デリケートゾーン専門サロンが研究を重ね開発
  • 滅菌率は99.999%(実証済み)
  • お肌を整える効果・肌への安全性も問題なし
  • ワンプッシュで使い勝手が非常にいいのも魅力(泡タイプのボトル)
  • 薬用W成分で強力殺菌でにおいを抑える
  • 天然成分「ジャムウ」を6つ配合で黒ずみにも効果的
  • ビタミン成分は5つ配合でお肌の潤いを保証
  • 5つの無添加だからお子様でも安心

 

イビサソープ基本情報
定期購入  3,970円(税抜)カード払い:3,470円:送料無料
単品購入 通常5,800円(税抜)+送料+手数料
継続義務 2か月(2回)
保証 28日間の全額返金保証
おすすめ度 ★★★★★(最高5)

 

イビサソープの評価 

30点満点中:28点

消臭力 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
香り ★★★★★
泡立ち度 ★★★★★
保湿度 ★★★★
赤ちゃんもOK ★★★★★

 

実際に購入した人の声は

私は仕事の関係もあって、いくら気温が高くてもストッキングを着る事になるのです。その為、デリケートゾーンを中心に蒸れや汗によるジメジメ感や嫌な臭いが気になっていた。 特に不安だったのは、エレベーターに何人も乗っているときや、大切な場所である商談ルームに入るときなどでした。毎回毎回「臭いで周囲に嫌悪感をさせたらどうしよう」とドキドキしていました。 もうこういったことでビクビクする毎日は送りたくないと考えイビサソープを使用しました。すると、今まであれだけ私を困らせていた悪臭が全く分からなくなりました。

 

固形タイプのソープはいちいち泡立てるのが面倒なのが悩みでした。しかし、薬用イビサソープなら、1~2回押した分を手に取れば楽にそのままデリケートゾーンやその他の場所に使うことができます。 これは、泡タイプのソープなのでできることですよね。使い心地が申し分ないということだけでなく、効果の方もきちんとしていて、これまでには、生理の後も前もかなりデリケートゾーン周辺の臭いが強くなってしまっていましたが、それも減少されたのでびっくりしました。 私と同じような心配がある人には、ぜひ使ってみてほしいところです。

 

↓↓今すぐデリケートゾーンのにおいを改善する↓↓

 

『イビサソープを実際に購入した際の体験談!』

デリケートゾーン専用ソープでも「効果はほんとにあるのか?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで購入した時の体験レビューをまとめてみましたので、こちらも購入前に参考にしてもらえれば幸いです。

 

レビューページを見てみる↓↓

イビサソープ

 

 

 シークレットレディジャムウソープ

主な特徴
  • 1個たっぷり100g。毎日使っても1か月使用可能
  • 濃密泡で優しくしっかり洗浄
  • 肌に優しいく全身どこでも洗える!
  • 3つのニオイケア成分をしっかり配合
  • 3つのお肌引き締め成分が整った美しいお肌へ
  • 香りは女性の美しさを引き出すローズの香り
  • もちろんジャムウ配合で黒ずみにも有効
基本情報

 

定期購入 常時:1,950円(税抜)送料無料
単品購入 通常2,138円(税抜)+送料
継続義務 1回目から解約OK
保証 なし
おすすめ度 ★★★★☆(最高5)

 

シークレットレディージャムウの評価

30点満点中:25点

消臭力 ★★★★☆
使いやすさ ★★★★
香り ★★★★★
泡立ち度 ★★★☆☆
保湿度 ★★★★
赤ちゃんもOK ★★★★★

 

購入した人の声は?

20代後半となってから私は両脇下とデリケートゾーンの変わったにおいがするのに気が付きました。最初はそれほどひどくはなかったのですが、交際していた彼がだんだん夜に会おうとしないのです。 そのワケは後でわかったのですが、私のデリケートゾーンのにおいが原因でした。それであれこれ石鹸を変えてみたりもしましたが、結局少しずつにおいがきつくなりました。 そこで見つけたのがシークレットレディ ジャムウソープで、試みにつかってみてその効き目が分かりました。これはジャムウという成分などがにおい消しに良いようです。

 

私はシークレットレディ ジャムウソープを利用していますが、これってホントににおい消しに効くんですね。それは以前から自分自身でも嫌だったデリケートゾーンのにおいがしなくなってくれたからです。それまでに使用していた石鹸はもう使いません。 そしてデリケートゾーンを効果的に洗うのには泡立ちが重要なことも分かりました。身体はゴシゴシ洗うのではなく、泡で汚れを浮かして、それを洗い流すだけでOKなのがシークレットレディ ジャムウソープを使って良く分かりました。始めは半信半疑だったので。 私はデリケートゾーンのにおいがひどくて困っているひとにおすすめです。私はこの前またリピートで購入しましたが、泡立てパフがついてきたのでずいぶん得をしたような気分になったというわけです。

 

↓↓人気の秘密を確認する↓↓

 

 『コラージュフルフル泡石鹸』

主な特徴
  • 実績ありの持田製薬グループが開発。
  • 使用感の満足度は91.3%
  • 抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩が真菌の増殖を抑える
  • 殺菌成分のトリクロサンが細菌の増殖を抑える
  • 日本初のダブル成分配合でスッキリ洗浄
  • ワンプッシュでクリーミーな泡を使用できる
  • しっかり洗浄なので黒ずみの原因も予防

 

基本情報
定期購入 なし
単品購入 通常2,300円(税抜)送料無料
継続義務 なし
保証 なし
おすすめ度 ★★★★☆(最高5)

 

コラージュフルフル泡石鹸の評価

30点満点中:24点

消臭力 ★★★☆☆
使いやすさ ★★★★
香り ★★★★☆
泡立ち度 ★★★★☆
保湿度 ★★★★
赤ちゃんもOK ★★★★★

 

購入者の口コミ

お肌がか弱くて、わずかな刺激で痒みを感じてしまうのですが、こちらの商品は泡で出てくるのでやさしく手洗いが出来ます。殺菌効果も期待できる。

 

初めて使ってみました。子供(社会人)がアトピー肌ですので、低刺激で抗菌、殺菌効果のあるタイプを探していました。泡だから、一々泡立てることも必要なく楽ですしお肌をこすらないので良い。泡切れもよく、突っ張らないのも◎。ただ、やはりコスパは厳しいですかね。商品自体はいいのでリピ考え中。

 

↓↓満足度91.3%のW成分の効果を試す↓↓

 

 

>>「におい」についてもう少し詳しく知りたい場合は「デリケートゾーンのにおい」↑にて具体的な解決方法など紹介しています。こちらもぜひ参考にしてくださいね。

 

 

デリケートゾーンの石鹸は薬局でも市販されてるの?

薬局では市販されてるの?どの辺に置いてるの? デリケートゾーン専用の石鹸は薬局で購入することができるかどうかというと、その答えはズバリ購入できます。

デリケートゾーン専用の石鹸は今、ネットでは非常に多くの数が流通していてます。

薬局ではチョイスできるほどの種類を常備していないのが現状ではございますが、テレビで紹介されたり、ネットで今非常に話題の石鹸を1種類もしくは多くて2、3種類置くことが多いです。

ただ、知っておいていただきたいのは、どの薬局でも売っているわけではなく、同じチェーン店でも置いてある店舗と置いていない店舗に分かれております。

女性は恥ずかしがって、なかなかレジに持っていけないため、インターネット上で購入する人が多いということが理由にあげられます。

そのため薬局で売っているものも、パッケージをぱっと見ただけでは、デリケートゾーン専用の石鹸とわからないような、おしゃれなパッケージの石鹸を置いている場合も多いのです。

また置いてある場所も注目です。一般的に、石鹸と言う名前が付いており、お風呂で体を洗う時に使う石鹸のため、どうしても探すときには、ボディーソープなどを陳列している場所を探しがちです。

もちろんこのコーナーに置いていることもあるのですが、もしもこの置き場に置いてある場合には、下段の端のほうの、あまり目に付かない場所を探して下さい。

そして、このコーナーに置いていないケースでは、次に生理用品を設けているコーナーを見てください。

実はボディーソープを置いているコーナーになければないものだと見極め、探すのをあきらめる人が多いのですが、生理用品を設けているコーナーにデリケートゾーン用の石鹸を置いているケースはよく見られます。

こちらの生理用品コーナーでも探す場所は、ボディーソープを置いているコーナーと一緒です。

あまり目に付かないような端のほうにひっそりと置かれているケースや一番上の棚や一番下の棚などが普通です。

目線の高さにないことが多いです。 また、大々的に、デリケートゾーン用の石鹸をこちらです、と言った表示がしているわけではないので、その商品自体を認識しないと、なかなかすぐには見つけることが難しいかもしれません。

じっくり見てみて、もしやそうかもしれないと思えば、手にして裏の表示などを見て確かめてください。

薬局では基本的に、ボディーソープコーナー、もしくは生理用品コーナー、いずれかになければ、基本として取り扱いがありません。

いろんな店舗を回ってみると、そのうちのどこか1店舗ぐらいには置いてあると思われますが、ネット上で購入する人が遙かに多い商品なので、種類は多く揃ってはおりません。

 

薬局に売ってるのはどんな商品があるの?

なかなか発見しにくいデリケートゾーン専用石鹸ですがどういった商品があるかと言えば、CMで見かける「ラクタシード」や「サマーズイブ」シリーズ、「コラージュ フルフル」、「phフェミニンウォッシュ」などが売られてたりします。

ただ、先ほども解説した通りお店によって扱ってるのもバラつきがあるのでどこに行けば売ってるのかはハッキリしないのが現状です。手間を掛けて何店舗か足を運んで探す以外にないでしょう。

 

 

石鹼でデリケートゾーンが「しみる」のはなぜ?

陰部を石鹸などで洗っていて、『うっ痛っ!』と何だかしみるような症状があった時に、いくつかの原因が想定されます。

やはりしみるという所そのものいいことではないので、しっかりとケアはしておきたいところですね。

しみる原因としては

  • ・ちっちゃい傷がある
  • ・外陰炎
  • ・膀胱炎
  • ・カンジダ膣炎

があります。 ではそれぞれの原因やケア方法についてみてみましょう。

 

陰部がしみる4つの原因

小さな傷がある

陰部は皮膚がものすごくデリケートなので、目には見えなくても小さい傷がある時があります。

性行為時、性器を強く洗う・トイレで強く拭くなどなど。

性行為、自慰行為で傷を作ってしまうのは多いですね。

デリケートゾーンの洗い方については、かなり適当にしている方が多いので、もしやあなたも正しい方法であらえていないかもしれません。

 

外陰炎

小さな傷からもできるのですが、シンプルに言うと炎症を起こしてしまっている状態。

ムレや摩擦などから炎症をもたらしていきます。女性の陰部は、蒸れやすいですし汚れをきちんと取れていない可能性が高いので雑菌が繁殖しやすいんですよ。

ケアとしてはあそこをキレイにすること。下着やナプキン、パンティーライナー等はまめに代え、陰部の洗い方にも気を付ける必要があります。

 

膀胱炎

ボディソープを使用したら陰部がしみる以外に、白っぽい尿が出る、トイレが近くなる、残尿感がすごいといった症状があるなら膀胱炎かも知れません。

膀胱炎はとれを長時間我慢していたり、ビデを使い過ぎている人がなりやすい病気です。

膀胱炎を発症する女性ってかなりおおいんですよ。仕事とかでなかなかトイレに行けずに我慢した結果とか。

自然回復することもありますが、泌尿器科など病院で診てもらったほうが万全です。

 

カンジダ膣炎

性病とは違いますが、他の原因とくらべると ちょっと面倒臭いかもしれないです。

カンジダ膣炎は、膣にいるカンジダ菌が増えてしまうことで発症します。

菌が増殖する原因としては、ストレスや病気による免疫低下、間違った性器の洗い方などに因るものばかり。

仕事や交流関係でストレスを抱えてると日常的におこります。

 

市販されているデリケートゾーン専門ソープとは?

近頃ドラッグストアなどでもデリケートゾーンに向けた石鹸も売られていますよね。

コマーシャルを見かけることもありますね。

誰もが知るところではラクタシードやpHケアこの2つってところです。

まだそんなにどこのドラッグストアでも扱うワケではなく、たまに販売しているというぐらいではありますが、先ほど紹介したデリケートゾーンを専門とした石鹸とどう違うのか?について少し書いてみますね。

最初に、ラクタシードにしてもpHケアにしても国内では最近出たような感じになっていますが、海外では昔からデリケートゾーン専門の石鹸として市販されていたワケです。

どっちにもつながる特徴というのが、デリケートゾーンのpHみたいな石鹸でデリケートゾーンを本来の弱酸性に保ってくれる石鹸ということがラクタシードとpHケアにつながる特徴というわけです。

デリケートゾーン石鹸を徹底的に使用してきた一個人としては、もちろんこの2つも使用したことがあり、ほんと使用してみてどうか?

 

ラクタシードの特徴

ラクタシードはデリケートゾーンのpHを調整して弱酸性状態にしてくれるデリケートゾーン専用の液体石鹸ではありますが、ラクタシードの特徴として牛乳や乳清(ホエイ)が含有されているということなんです。

 

ラクタシードを利用してみた評価

牛乳や乳清が扱われているので、白い液体で使用感覚はというとなめらかな感じです。

pHケアよりも液体に粘性がありまして、かき混ぜた後でお肌に着用した感触はpHケアと比べるとラクタシードの方が泡がソフトな感じです。洗い心地も良い感覚でした。

ただ、液体そのものに香りが強めに着けられていて、おのずとニオイを消すというよりも別のニオイでカバーするといった調子でしたね。

 

pHケアの特徴

pHケアの特徴はネーミングの通りデリケートゾーンのpH値を整えて弱酸性にして雑菌の繁殖を抑制してくれるというわけです。

 

pHケアを利用してみた評価

pHケアを利用してみた印象は、ラクタシードと比較してみると若干泡が硬質な様な感じがしました。

石鹸自体のニオイはといいますと、良い香りではありますがラクタシードと一緒で海外のボディソープというような同じで香りは強めにつけられていますね。

pHケアについては洗い終ったあとで私が敏感肌といったこともあると思われますが、若干お肌がつっぱったような様になりましたね。

販売されているデリケートゾーンに向けた石鹸を比較してみるとこんなふうですね。

本当にレビューや口コミなどを見れば、いずれの石鹸も使用してみて満足したというレビューが多いのですが、その中には私のように敏感肌の方からすれば、お肌がつっぱった感覚になってしまったという方や、かゆみが治まらなかったといったレビューや口コミもある程度ありました。

かゆみやニオイ等に悩まされて数々のデリケートゾーンを専門とした石鹸を利用してきた私の感想としては、ラクタシードもpHケアも、 ちょっとこそばいぐらいのかゆみや、ニオイが時として気になるというぐらいの軽い悩みくらいの方にはふさわしいかも。という感じですね。

本音を言えばどちらの石鹸もpH値を整えることが一番の目的の石鹸ですので、なによりデリケートゾーンのお肌のことやかゆみやニオイに悩んでいて、「しっかりデリケートゾーンの悩みを変えたい!」という方には先ほどランキングでご提示した3つの石鹸の方がおすすめですね。

因みに、私も一度酷いかゆみに悩まされたことがあるのですが、そんな時にもこの2つとは違う海外のデリケートゾーン専門の石鹸を使用したわけですが、使ったそのときは満足したのですが、根本的にかゆみを解決することは出来ませんでした。

 

デリケートゾーン専門石鹸でニオイは気にならなくなるのか?

デリケートゾーンに特化した石鹸を使ってみようという方は、何らかデリケートゾーンのトラブルに悩まされている方が殆どですが、その中でも専門の石鹸を使って「ニオイをなんとかしたい!」という方がけっこう多いのです。

デリケートゾーンのニオイの最大の原因は、雑菌が増えてきてしまってニオイがしている確率が高いのです。

良く知られているボディソープや石鹸でデリケートゾーンを洗うことでお肌が乾いてしまって皮脂が過剰に分泌されてしまったり、菌のバランスを崩してしまったりというわけで雑菌が増加してニオイがキツくなっているということは十分に考え得ることだと言えます。

そこでデリケートゾーン石鹸を用いることでニオイはケアできるの?といいますと… 専用の石鹸を使用することによりニオイはある程度ケアすることが出来る。

ということが、専用石鹸を続けて使っている私の感想ですね。

しばらく専用の石鹸を利用していると体感できることなのですが、しばらくするとデリケートゾーンのお肌の調子が良くなってきて、お肌に潤いが戻っているのが分かると思います。

私のケースではデリケートゾーンの肌に潤いが戻ってきたごろに「あれ、ニオイも気にならなくなってきたかも?」という印象がありました。

デリケートゾーン用の石鹸を利用し続けることで、よくある市販されているボディソープや固形石鹸で洗っていた際よりも、ニオイはケアできているということは直に体感できるはずです。

 

石鹸だけを活用して黒ずみはお手入れできるの?

ニオイと一緒でデリケートゾーンの石鹸を用いることでケアができる!と言われている不都合がもうひとつあるわけですが、それがお肌の黒ずみです。

デリケートゾーン専用石鹸を用いることで、デリケートゾーンのお肌の質が良くなって、色素が沈着してしまった黒ずみがケアできるというものではありますが、専用の石鹸で洗うだけでデリケートゾーンの黒ずみがケアできるかというと、一定の期間ジャムウソープなどを使っている自身の感想としては… デリケートゾーン専用石鹸だけを活用して黒ずみのケアをするのは無理があるかも!? というのが正直な意見です。

考えてみると専用石鹸を使ってあることで、デリケートゾーンのお肌が突っ張ったり乾燥したりということはケアされて肌の質は良くなっているのは体感できるのですが、石鹸だけで黒ずみがケアできたかというと、私のケースでは何とも言えない感じでした。

石鹸だけでケアをしているだけだと、黒ずみに何か変容があったということはわかりませんでした。

黒ずみをケアするためには、専用の石鹸を使ってデリケートゾーンのお肌の質を、正常化してあげるということはモチロン肝心な点なのですが、黒ずみをケアするためにはもう一つポイントがあるのです。

それが、 メラニンの生成を抑制してあげる。 ということであります。

このメラニンの生成を抑制してあげないことには、黒ずみをケアすることが難しいのですが、専用石鹸だけだと肌の特質を戻すことは出来ても、メラニンの生成を抑えるということは、そこまでできないのです。

ですので、黒ずみに悩んでいてデリケートゾーン専用の石鹸だけで黒ずみケアを考えていらっしゃる方は、石鹸だけでは思っていたような結果が望めないかもしれません。

 

デリケートゾーン用の石鹸で性病は良くなる?

デリケートゾーンのかゆみやニオイが気にかかって、デリケートゾーンに特化した石鹸を使うことを考慮されている方も多いと思うのですが、たまにあるのが… デリケートゾーン用の石鹸を使えば性病も治るの? といったことです。

デリケートゾーンの雑菌の繁殖を抑えてくれる殺菌成分が入った石鹸を使うことで、雑菌が増えてしまったことによるかゆみやニオイを抑制することは可能ですが、 デリケートゾーン用の石鹸を利用しても性病は治らない。というのは覚えておいて下さい。

殺菌成分の入っている石鹸を使用したとしても、性病が原因となっているかゆみやニオイ、さらには性病そのものを治すことというのはできないのです。

なぜならば、デリケートゾーン用の石鹸はあくまでも、デリケートゾーンの蒸れやおりものの急増、ホルモンバランスの乱れなどの環境が元で増してしまった雑菌を抑えることができるわけですが、性病によるかゆみやニオイについてはウイルスなどが影響しているため、基本的な原因が違うからだといえます。

例えば、性病が原因となっているかゆみやニオイが、デリケートゾーンに向けた石鹸を使用して少し抑えられたとしても、それは場当たり的なもので根本的な性病の解決とはなっていないのです。

性病の症状にはたくさんあるのですが、「性病かもしれない…」といった、おりものが変色していたりデリケートゾーンに出来物などがあるケースでは、自分で治そうと考えずに婦人科などを受診し治療を受けなければ、性病が理由によるかゆみやニオイというのは無くすことはできないのです。

 

専門の石鹸はデリケートゾーンのニキビにもいい?

デリケートゾーンに向けた石鹸はかゆみやニオイ対策にはもちろんイチオシではありますが、それだけでなくデリケートゾーン周りに出来るニキビのケアにもイチオシなのです。

デリケートゾーンやお尻近くって、たまに「なんでこんな所にニキビが?」といったことってありますよね。

ふと触れてしまってつい「ウッッ!」なんてことになって気づくなんていうことも良くありますよね。

あのニキビがなぜ出来るのかと言うと顔に出来るニキビと同じで、お肌や毛穴の詰まりがきっかけとなって出来てしまっていることが多く、デリケートゾーンを洗う時によく利用している石鹸なども原因となっている可能性があるのです。

例えば、顔をボディソープや固形石鹸で洗顔して、化粧水を使わずにほうっておいたらどのような状態になるか想像出来ますよね?

洗顔し終わった後は肌が突っ張ったり乾燥したりして、お肌がヒリヒリしたりニキビができたりということにもなっていきますよね。

これはデリケートゾーンのときも同じで、むやみに皮脂を洗い流したりするとお肌が乾燥したりすることがきっかけとなり、ニキビが出来るということが起こりうるのです。

デリケートゾーンのケースだと、アンダーヘアの処理などをしているなら尚更で、シェーバーやカミソリを利用して傷ついたお肌に雑菌が入ってニキビが・・・などということも。

そのようなデリケートゾーンにニキビが良く出来るといった場合にも、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことが必要です。

というのも、ボディソープや固形石鹸よりもデリケートゾーンの皮膚のことを考えて開発されているので、単に洗い流すという理由でなくデリケートゾーンの肌のうるおいもキープしてくれます。

デリケートゾーン専用の石鹸がお肌の潤いをキープしてくれることで、お肌が乾いてヒリヒリすることもなく、毛穴の詰まりはキレイにしてくれるので、デリケートゾーンのニキビのケアにも専門の石鹸はイチオシというわけです。

デリケートゾーンを洗うときにはアンダーヘアも!デリケートゾーンを洗浄する時って、やっぱりお肌のことが気になってたくさんの人が肌の部分を主に洗われると思うのですが、アンダーヘアがトラブルの元となっていることだってあるのです。

アンダーヘアに絡まってしまったおりものや経血などの分泌物が、ニオイやかゆみの原因になってしまっているのもけっこう多いのです。

それとアンダーヘアは毛が太いので毛穴も広く、汚れや皮脂なども詰まりやすいのです。

その毛穴の詰まりもお肌が黒ずんで見えてしまう要因となってるのです。

毛髪であればシャンプーやコンディショナーをしてちゃんと洗浄するという方が大半だと思うのですが、アンダーヘアに関しては処理はしたとしてもシャンプーやコンディショナーをするという方はなかなかいないですよね。

でも、日頃からデリケートゾーンのかゆみなどのトラブルに悩むことが多いという方は、アンダーヘアも注意をしてしっかりと丁寧に洗うのがベストだと思います。

アンダーヘアを洗う時にどうしたらいいのかといいますと、最適なのはデリケートゾーン専用の石鹸を泡立てて、その泡をアンダーヘアに万遍なく伸ばし、3分ほど放置をした後で洗い流すという洗い方です。

つまり、泡パックという洗い方で、デリケートゾーンのケアを日頃から気をつけているという方には、有名な洗い方なんですよ。

この洗い方をすれば、アンダーヘアに絡まってしまった分泌物や皮脂などの汚れも潔くキレイに洗浄してあげることができるワケです。

また毛穴に詰まった汚れなども泡をつけた状態のもとで放置することで洗浄しやすくなるので、黒ずみケアのアシストにもなるのです。

そしてもう一つ、アンダーヘアを丁寧に洗うという習慣を付けることで、ゴワゴワとしているアンダーヘアの髪質が段階的に滑らかになるということも言われているのです。

アンダーヘアの髪質が滑らかになることで、分泌物等も絡まりにくくなり、かゆみやニオイといったよくあるデリケートゾーンのトラブルも少なくできるというメリットもあるのです。

なのでデリケートゾーンを洗浄する際ではお肌のことだけじゃなくて、せっかくですからアンダーヘアもキレイにするという意識を持ちましょう。

そうして日常的なデリケートゾーンのトラブルを少なくできる可能性が大きくなるのです。 そうでなくとも蒸れたり汗をかいたりしやすいデリケートゾーン。

アンダーヘアのケアにも気をつけてあげることで、現時点よりもずっとストレスなく過ごすことができるようになるはずなので。

 

デリケートゾーンの臭いを消す!すぐできる正しいケア10選

デリケートゾーンの臭いを消すにはただ単純に洗えば良いというものではないです。正しいケアをすることで、臭いが気にならなくなります。では、デリケートゾーン臭いを消す10のケアを一つずつ紹介していきます。

 

デリケートゾーンの臭いを消す!『正しいケア10選』

1:汗はまめに拭いて衛生的に!

蒸れやすいデリケートゾーンは、そうでなくとも汗をかきやすい所です。蒸れがやっぱり気になるときは、おりものシートなどを活用することも効果的です。

こまめにシートを交換することで、キレイにしておくことができます。 また、デリケートゾーンの汗は1日に1回はシャワーや入浴で十分流しましょう。

 

2:動物性脂肪分の多い食品はコントロールする

肉類、乳製品等の同部性脂肪の多い食品は、脂肪酸を分解することで、臭いを引き立てる原因にもなります。

これらの食品はデリケートゾーンだけに限らず、汗の臭いを臭くする要因にもなるくらいなので臭いを消すには、これらの食品はできる範囲で控えた方が良いでしょう。

 

3:ストレスは溜めこまないようにする

緊張したり、ストレスを感じると、アポクリン腺という汗腺から臭いの原因になる物質が汗に伴って出てきます。なので、普通の汗とは違い粘り気のある汗になり、臭いが生じやすくなります。

臭いが気になると、それがストレスを招いてしまいがちですが、あえて臭いを全く気にせずストレスを溜めこまないことを意識することも大切です。

ストレスを発散するためにアクティブな趣味・運動・スポーツを始めるのもいいかもしれません。

 

4:乳酸配合ジェルの腟洗浄器で臭いを消す

市販でありがちの腟洗浄器ではなく、乳酸配合ジェルの医療腟洗浄器を選ぶ事によって膣を効果的に洗浄してデリケートゾーンの臭いの根本を十分に消すことができます。

 

5:専用の石鹸を選ぶ

人のお肌には、場所を問わず常在菌が存在していて、中でも表皮ブドウ球菌は、お肌においては必要な菌であり、存在していることでお肌を守るバリアとして働いています。

よくあるような石鹸は、この表皮ブドウ菌まで落としてしまうのですが、デリケートゾーン専用石鹸は、お肌に必須の菌を残し、不必要な雑菌のみを洗い流すことができます。

更には、デリケートゾーン(膣の中)には自浄作用があるので、それらの菌を残した状態でも清潔さを保つことが可能なのです。

また、デリケートゾーン専用石鹸の正しい選び方などは「デリケートゾーン」のページで具体的に解説していますので参考にしてください。

 

6:アソコのケアに気を配る

デリケートゾーン専用の低刺激石鹸などで消すことは有効ですが、百円均一などで売られている安くて刺激のある石鹸を使って洗いすぎるのはよくないです。

日頃キレイに保つことを心掛けることは、臭いを生み出さないためにも大事です。汗をかきやすく、蒸れやすい面からも、夏場等はお風呂やシャワーでしっかりと汚れを落としましょう。

また、トイレのたびにウォシュレットでキレイにするのも効果的です。水で洗い流す程度のみであれば、お肌に優しく、キレイにすることができます。

 

7:アンダーヘアのケアをする

アンダーヘアはケアをしていないと、毛がボーボーで、細菌が繁殖しやすい環境になっています。パーフェクトに処理をしなくても、いくらかは短くするだけで蒸れにくくなるため、臭いが発生しにくくなるといえます。今までケアをしたことがないという人も、是非、短めに切るといった手入れをしてみましょう。生理中も血液が毛に絡みにくくなり、負担が軽くなります。

 

8:馬油オイルで保湿

馬油オイルというものは、抗酸化作用や殺菌作用があり、炎症を鎮める効果や保湿作用もあります。

なので、デリケートゾーンには非常に効果的なオイルです。風呂につかって、清潔になったデリケートゾーンに、馬油オイルでちゃんと保湿してあげましょう。

 

9:石鹸やボディソープの柔らかい泡で優しく洗う

臭いが消えるのでは?とつい強くこすりつけてしまう気持ちもうなづけますが、デリケートゾーンの皮膚はかなり柔らかなので、ご注意ください。粘膜などを傷付けてしまうと、細菌繁殖を助長してしまい、肌荒れに発展するかも知れません。ただ、膣内には恥垢という垢もたまってしまうので、泡立てた泡で優しく指の腹を活用して洗ってあげることを意識しましょう。くれぐれも爪を立てて洗ってはいけません。

 

10:専用ケア商品を利用する

デリケートゾーン専用のケア商品を利用することも効果的です。

専用商品については、私が実際に使ってみて『効果あり!』と体感したデオドラント製品を

デリケートゾーンに『すごく効く!』人気のデオドラントランキングで詳しく解説していますのでこちらもあわせて参考にしてくださいね。

 

デリケートゾーンの毛を最もキレイに処理する方法!

 

「全部引っこ抜きたい!!」

思わずそう思ってしまうデリケートゾーンの毛。ですが、実際にはそうはいかず困ってしまいますね。

しかし、正しい処理の方法を理解し、あなたに適したケアをすればキレイに処理することはできます。ここではそんな処理方法をいくつか紹介しています。なので、あなたにあったケア方法を見つけるための参考にしてくださいね。。

 

美意識の高い女性がするデリケートゾーンの毛の処理方法!

自分に適した方法を考えるには、それぞれの処理方法の特徴やメリット、デメリットをしっかり理解し、脱毛方法を選択することが大切です。 主な処理方法によるメリットやデメリット、ポイントを以下に解説します。

 

『シェーバーやカミソリでの剃毛処理』

メリット

  • 手っ取り早く簡単一回で広範囲を処理できる
  • トータルコストが安い

 

デメリット

  • すぐに毛が伸びてくる
  • 生えてきた毛先がチクチクする
  • 肌へのストレスが大きく、角質をはがしてしまう
  • カミソリ負けをしてしまう場合がある
  • こまめに処理をすることで、色素沈着などの肌荒れを誘発することがある

カミソリやシェーバーで剃るということは、頻繁に行わないといけないため、肌へのストレスが大きくなります。なので、アフターケアも念入りにすることが要されます。

 

『毛抜きやワックスで毛を抜く』

メリット

  • 毛根からひき抜くことで、毛が伸びてくるまでの期間が長い
  • 生え伸びてきた後のチクチク感が少なくて済む

 

デメリット

  • 毛をひき抜く時に痛みが大きい
  • 皮膚へのダメージが大きく、「埋没毛」が起こることがある

毛抜きで1本1本抜く場合は、時間がとられる処理するサイクルが少なく済みますが、処理時の痛みやお肌へのダメージが大きいのが毛を抜く処理の特色になります。

特に、埋没毛は抜く処理をした際に多数出るトラブルで、一旦発生すると自宅ケアではどうも治すことができないため、要注意。

 

『除毛クリームでの処理』(クリーム状あるいはムース状の除毛剤を脱毛したい部分に塗り、洗う処理です。)

メリットは?

  • 塗るだけなので、手軽カミソリのように切り傷を作ってしまう不安がない
  • 一度に広い範囲を処理できる

 

デメリットは?

  • 肌にダメージが加わる
  • 薬剤に発疹が出たり、アレルギー症状ができる場合がある

表面の毛を溶かすだけだから、すぐに毛が伸びてきてしまう刺激の強い薬剤のため、粘膜部分には原則的に利用不可。

デリケートゾーンの毛のような、太くて硬い毛よりも産毛のほうが向いている除毛クリームは、毛を溶かす作用のある強い薬剤のため、塗布した部位の肌にも大きなストレスが加わります。

また、デリケートゾーンの毛は粘膜の近くですので塗る際にはきめ細かい注意が必要です。

 

『ヒートカッター熱線によりデリケートゾーンの毛をカットする』

この方法でのカッターの形は櫛型タイプがメジャーです。

 

メリットは?

  • 切断面が丸くなるので、チクチク感が少なくて済む
  • 楽に処理ができる肌への負担がない

 

デメリットは?

  • 切るだけなので、毛自体を無くすことは不可能

 

『ワックス脱毛』

粘着力のある脱毛用のワックス剤を塗布した後、ワックスと共に毛根から脱毛する方法です。

 

メリットは?

  • 広い範囲にわたる脱毛が出来る

 

デメリットは?

  • 毛を引き抜く処理と同様、痛みやお肌へのストレスが大きい
  • 毛が皮膚の中で成長する「埋没毛」が起こることがある

 

『レーザー(VIO)脱毛』

殆どは美容皮膚科といったクリニックでなされる脱毛方法です。

 

メリットは?

  • 医療レーザー脱毛のケースでは、ほぼ半永久的に生えてこない(個人差はある)
  • 毛のメラニン色素にのみ反応するので、皮膚へのダメージが少なくて済む
  • 自分では処理しづらいところを確実に処理出来る

 

デメリット は?

  • デリケートゾーンの毛のような太い毛だと、レーザー照射の際に痛みが強い
  • コストがかかる
  • 2~3ヶ月前後ごとに、3~6回ほど通わなければいけない

 

『光(VIO)脱毛』

ほとんどエステティックサロンや脱毛サロンで行われる脱毛方法です。

 

メリット は?

  • お肌へのダメージが少ない
  • 自分では処理しづらいところを間違いなく処理出来る
  • レーザーよりも痛みが少なくて済む

 

デメリット は?

  • レーザーと比べて、処理した毛が再生しやすい
  • レーザーよりも頻繁に通わなければいけない傾向にある

 

いかがですか?デリケートゾーンの毛の処理方法にも多様な種類があり、特徴もいろいろですね。 安全性や皮膚への負担、できばえの美しさという点では、既に解説した通り、レーザー脱毛や光脱毛、ヒートカッターによる処理がお薦めです。

デリケートゾーンの毛の処理は、形を整え、下着や水着からヘアがはみ出ないことも必要ですが、清潔で快適に過ごせるためという魅力もあります。美容面だけでなく、衛生面からもデリケートゾーンの毛のケアをするように意識しましょう。

自分で処理を行うなら、デメリットやリスクをしっかり分かった上で、適切に行なうようにしましょう。